Browse By

VAPEは周りへの迷惑がかかりにくいとされる

たばこは近年、かなり吸う場所が制限されています。たばこを吸う人にとってはつらいかもしれませんが、これはたばこの有害性がわかってきたための措置です。たばこから出る煙にも有害性が認められ、吸わない人も影響を受けることが分かってきました。まだまだたばこのマナーはあまりよくないといえますが、少しずつマナーを守る人も出てきました。たばこの煙は有害とされていますが、VAPEから出てくる煙のようなものは有害かどうかです。有害となると、同じように利用が制限されるでしょう。今の段階の見解では、煙の成分が異なります。第一煙ではなく、水蒸気になります。たばこの場合は嫌なにおいが洋服などにも付きますが、VAPEはにおいも付きません。だからといってどこででも吸ってよいわけではありません。今はたばこに準じた利用をするところが多く、それを守る必要があります。

VAPEは女性にも人気の電子タバコです

VAPEは電子タバコの中でも人気の高い商品で、日本でも少しずつ利用者が増えている傾向にあります。特に女性に人気が高くタバコと違って人目を気にせずに吸えるメリットもあります。フレーバーの種類も豊富で自分の好みの味を選択できますので、興味がある方はインターネットで情報をチェックすることをオススメします。都市部ではVAPEの専門店も登場していますが、地方ではお店自体が無いのでインターネットの通販サイトを利用するのがオススメです。VAPE自体の詳しい情報はもちろん、豊富なフレーバーの情報も掲載されており、自分の好みのフレーバーを選んで24時間注文ができます。実際に購入して利用している方の口コミを掲載しているサイトも登場していますので、商品を購入する前に口コミの情報をチェックした上で手続きを進めましょう。

本物のタバコにはないVAPEのメリット

VAPEは、蒸気を吸うという仕組みを持つ電子タバコのことですが、本物のタバコと比べた場合のメリットがいくつかあります。まず挙げられるメリットは、本物のタバコのようにニコチンが入っていない(日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売が禁止されている)というです。なので本物のタバコに抵抗がある人でも受け入れやすいと言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、色々な味を楽しめるということです。VAPEは、リキッドと呼ばれる液体を蒸気に変えて吸うという仕組みになっていますが、このリキッドにはフルーツ味やタバコ味などさまざまな味の種類があるため、自分の気に入った味を見つけたり、気分に合わせて味を変えるということもできます。さらに費用面についても、本体を購入するための初期費用はかかりますが、それ以降は1ヶ月1000円程度のリキッドの費用しかかからないため、本物のタバコと比べて経済的だと言えるでしょう。